【初めての去勢】去勢後の傷口対策!「エリザベスカラー」3選

辛い思いはさせたくない!おしゃれで苦しくない「エリザベスカラー」紹介

CatChy編集部で飼っている愛猫2匹が、先週末に去勢手術をしました。手術後、ぐったりしているのを見てると本当に不安で、悲しいですよね。しかもしんどい中、傷口を舐めたりしないようエリザベスカラーをつけないといけないので、余計苦しい思いをさせてしまってる気分になります。病院で貰うプラスチックのエリザベスカラーは少し固く苦しそうだったので、なるべく柔らかい素材で、楽そうなものをと色々探したので、ご紹介したいと思います。

1.feathercollar CLEAR (フェザーカラー)シリーズ
出展:nekozuki

出展:nekozuki

出展:nekozuki

出展:nekozuki

出展:nekozuki

出展:nekozuki

エリザベスカラーを付けさせて感じたのが、首回りの負担です。プラスチックだとすれたり、ぶつかったりすると痛そうだなと感じたので、「feathercollar CLEAR」のような棉のようなクッション性の強いアイテムを使えば負担は軽くなりそうです。しかもこのアイテムは、猫の骨格に合わせて、角度や高さを調整しているので、視界を遮らず傷口にも届かない抜群の設計がなされています。

2.ZenCollar
出展:ZenCollar

出展:ZenCollar

 

Maukka ja #procollar #kaulureidenpuolesta

A post shared by Satu Salmitie (@satu10) on

「zenpet」のドーナツ型エリザベスカラー。プラスチック素材に比べ、布素材の為、明らかに付け心地は良さそうで、慣れてくると枕代わりに使う猫も出てきそうです。布地なのでもちろん洗濯も可能です。サイズも6サイズ展開されており、Amazonでの購入も可能。犬用として使用している方も多いので、サイズ選びは慎重に行ったほうが良さそうです。「zenpet」のサイトではアメリカ、カナダのみの配送の為、購入不可ですが、Amazonebayで購入は可能です。関税の関係もあるので、少しお高めですが、品質としては高いアイテムの為、買う価値はあるのではないでしょうか。

3.DIY(手作り)エリザベスカラー
出展:In my Dream

出展:In my Dream

出展:In my Dream

出展:In my Dream

100円均一のシャンプーハットを活用した、DIYエリザベスカラー。100均のクオリティーとは思えないですね。作り方は、単純で猫の首回りに合わせてカットしテープでとめるのみです。指2本分くらい余裕を持たせてあげると苦しくなく作ることができます。プラスチックに比べると素材が軽く圧倒的に柔らかいので、エリザベスカラーとして最適ですね。CatChy編集部もこちらを採用しました。病院からいただいた物に比べるとまだ楽そうで、だんだん慣れてたような気がします。

いかがでしたか?今回は、エリザベスカラーを紹介させていただきました。色々と紹介させて頂きましたが、愛猫に合うものがあればそれが1番いいと思うので、色々と試して少しでもリラックスできる環境を整えてあげたいですね。



辛い思いはさせたくない!おしゃれで苦しくない「エリザベスカラー」紹介

ABOUTこの記事をかいた人

マンチカンのキャットオーナー。猫グッズやアイテムなどとことんこだわっています。おしゃれなアイテムから独特なものまで日頃からチェックしているので、アイテム系を中心に記事を書いています。